トップ –> 作業報告 –> 報告012 アルファロメオ ミッショントラブル! 異音!

報告012 アルファロメオ ミッショントラブル! 異音!

ベアリング1.jpg
アルファロメオ156!年式や走行距離からしてもいろいろな部分でメンテナンスが必要な時期に来ているかと思う? 
ミッションからの異音トラブルの1例としてベアリングの破損があります!マニュアル車でもツインスパークのセレスピードも中は同じ構造の歯車が沢山あるミッションである!
ミッション内部には多くのベアリングが使われているのですが、ボール形や円筒形などがプラスチックで等間隔に収められているのですが、そのプラスチックが壊れてベアリングがバラバラになり異音が発生してしまいます!

ベアリング2.jpg
バラバラになってしまった状態でしばらく走行していると各部の破片が散乱して行きます!





ベアリング3.jpg
ベアリングの破損だけではなくシャフトの軸受け部分にもキズが入ってしまいます!





ベアリング4.jpg
オーバーホールして直す時には洗浄は完璧に!!金属片がいたるところに入り込んでいる可能性がありオイル通路は入念な洗浄をしなければいけません!

異音1.jpg
こちらは、ガラガラと異音がしていたミッションですがデフのピニオンギヤが破損していました!?


異音2.jpg
なぜ?このような壊れ方をしたのか?異物が噛みこんだような?異物が入り込む様な原因はあまり考えられず・・・?オイル交換をした時の入ってしまったのか?デフ内部のどこかの部品が壊れたことで小さな破片でもギヤに噛みこんで破損してしまったものか?


ミッショントラブルはミッションオイルで防げるものか?プラスチックへの攻撃性の少ないミッションオイルが存在するのであればそのオイルを使用すればプラスチックの破損は防げるのか?
ギヤ等の虫食い!欠け!などもミッションオイルを選択することで防げるものなのか?

メンテナンスガレージ!ショップ!オイルメーカー!さんに納得がいくまで相談してミッションオイルを選択してみるのも面白いかも!!


ページのトップへ