川口技術研究書

報告017 Alfa Romeo暖機運転は・・・?

Alfa Romeo暖機運転

取扱説明書をすべて読んだ事はありますか・・・?


Alfa Romeo暖機運転

取扱説明書の初めには、必ずお読み下さいと!書かれている!




Alfa Romeo暖機運転

その中に、エンジンの暖機に関しての説明がある!
冬の時期!国産車でも輸入車でも暖機運転を必ず行う方もいます!

出掛ける時に室内を暖かくする為にアイドリングで暖機運転を何分?何十分?
もしくは、エンジン・ミッションの為にアイドリングで暖機運転を何分?何十分?

アルファロメオの取扱説明書には、始動後すぐに走り出して下さい!と書かれている・・・

多くの方が思っている暖機運転とはアイドリングでしばらく暖機する!?とイメージするかと思いますが、アルファロメオの説明書にはすぐに走り出して下さい!!とある!

Alfa Romeo暖機運転Alfa Romeo暖機運転
P1030941.JPG

取扱説明書に書かれているように、エンジン始動後すぐに走り出してしまう事で何か問題点はあるのでしょうか?
暖機運転は必要なのでしょうか?必要だったのはキャブレターの時代の話ではないのか?

では、慣らし運転も疑問になってくる?なぜ、慣らし運転をする必要があるのか?
精度があまり出ていなかったり、材料の問題や表面処理の問題などで慣らし運転が必要であったのか?今の時代精度も出ている!最新の材料も使用している!表面処理も・・・!


暖機に関しては、エンジンオイルの役目を果たしてくれる温度までは早い時間で上げる事が出来れば良い・・・では鍋でエンジンオイルを煮立てて適温になってからエンジンに入れれば暖機はいらないのか・・・
アイドリングでの暖機が長いとラムダセンサー(O2センサー)への攻撃はあるのか・・・


暖機運転や慣らし運転、その他疑問に思ったらかかりつけの修理工場や専属のメカニック等に相談してみてはいかがでしょうか?

報告016 Alfa Romeo brake hoseトラブル!

Alfa Romeo brake hose
アルファロメオ156フロントブレーキホースです!



Alfa Romeo brake hose
ブレーキホースに亀裂が入っています! フロントの左右同じ様に亀裂が入っています!
走行距離は5万キロ程です!



Alfa Romeo brake hose
ブレーキホースの点検は外側を目視で点検する事がほとんどだと思いますが、亀裂!液漏れ!など・・・
アルファロメオで過去の事例ですが、ブレーキホース外側は特別問題点は無いように見えるのですがブレーキを引きずると言う症状がありました!
症状からキャリパーに問題があるのではと点検を始めたのですがキャリパーには問題はなさそう・・・???
他を点検して行ったところブレーキホースに問題があると診断!ホースをカットしてみたところ
ホースの内側がささくれているような部分があり、そのささくれが逆止弁のようになり、ブレーキラインのオイルを止めてしまう事になりブレーキがロックした状態と同じことになっていました!
引きずりの原因はブレーキホースの内側にありました!
ゴムの質にもよるのでしょうか?定かではありませんが、ブレーキオイルの相性と言うのもあるのか???相性が悪いとゴムを攻撃してしまい内側がささくれてしまうのか?

ブレーキオイル!ブレーキホース!点検だけではなく、定期的な交換をお勧めします!!

報告015 富士名物ようかんぱん

富士名物ようかんぱん

静岡県富士市に、「富士製パン株式会社」という会社があります。
そこに、
富士のふもとのグルメコンテスト2009パン部門グランプリ受賞
「第1回 日本全国ご当地パン祭り」の人気投票で第3位獲得
と輝かしい記録を持つ名物パンがあります。

ようかんぱん


静岡で産まれたと言われている「ようかんぱん」ですが、現在では、製造工程の複雑さ、手間から「富士製パン株式会社」一件のみの生産となっているとのことです。

つぶあん&ホイップクリームの和洋の甘いパンの上にさらに、羊羹がコーティングされた絶妙な味のバランスと美しいフォルム。

是非一度、味わってみてください。

富士製パン株式会社
http://www.youkanpan.com/

報告014 Ferrari F430

P1030704.JPG
F430の運転席!


P1030705.JPG
ステアリング!


P1030707.JPG
スイッチ類!


P1030710.JPG
エンジンルーム!


P1030714.JPG
オイルキャップ!

内装!エンジンルーム!カッコ良いかは人それぞれでしょうが
国産にはないデザインだと感じる!
国産メーカーはこのようなデザインの車は作れるのだろうか?作れるけれど作らないのか?

報告013 Alfa Romeo ホイールの汚れ!

333.jpg
Alfa Romeoに限らず輸入車のホイールは国産車と比べると汚れが目立ちやすい!?

なぜ?画像は純正パットと社外パットの摩材の色の違いです!


Alfa Romeo オリジナルディスクパット

輸入車の純正ブレーキパッドについて

輸入車の純正ブレーキパッドは、いろいろな国々の道路状況や使用状況の違いがあり、決して日本の道路状況に合っているとはいいがたい部分もあります。

具体的には、一般走行のスピードレンジ違いや1日に走る走行距離などが大きく違いがあります。

上記の理由から輸入車の純正ブレーキパッドは、JIS規格でいうロースチール材のものも多くあります。

ロースチール材でも日本で使用するのは問題ありませんが、NAO材に比べ、ブレーキローターを削る率が多く→ダストも多く出ます。(輸入車の純正ブレーキローターはやわらかい材質で出来ています。)

ですからホイールなどに付着するダストが多くなるわけです。


パット2.jpg


では、ダストを出なくしてしまったら??っと考える人もいると思いますが、ダストを出すことによって加熱したブレーキパッドやブレーキローターを冷却しているのです。

ですからブレーキダストを出なくしてしまったり出来ないわけです。ダストを出ないように出来たとしても

効かないブレーキパッドになってしまうと思います。

 

そこで日本の道路状況に合ったブレーキパッドと考えたときに、NAO材でダストが目立たない材料を使用した上で、輸入車のブレーキローターにもマッチングしたものが必要となります。

川口技研工業オリジナルに関しては、摩擦材の色を目立たない色にし、耐熱温度を450℃として製作しております。

 

耐熱温度は、一般道を走行時は、車輌重量などにもよりますが常温~250℃付近で上下しています。

峠道の下りを、定員乗車で走行したときなどは、350℃付近まで上がっていると思われます。

KGK ストリートi|アルファロメオブレーキパッドの詳細はこちらから>>

報告012 アルファロメオ ミッショントラブル! 異音!

ベアリング1.jpg
アルファロメオ156!年式や走行距離からしてもいろいろな部分でメンテナンスが必要な時期に来ているかと思う? 
ミッションからの異音トラブルの1例としてベアリングの破損があります!マニュアル車でもツインスパークのセレスピードも中は同じ構造の歯車が沢山あるミッションである!
ミッション内部には多くのベアリングが使われているのですが、ボール形や円筒形などがプラスチックで等間隔に収められているのですが、そのプラスチックが壊れてベアリングがバラバラになり異音が発生してしまいます!

ベアリング2.jpg
バラバラになってしまった状態でしばらく走行していると各部の破片が散乱して行きます!





ベアリング3.jpg
ベアリングの破損だけではなくシャフトの軸受け部分にもキズが入ってしまいます!





ベアリング4.jpg
オーバーホールして直す時には洗浄は完璧に!!金属片がいたるところに入り込んでいる可能性がありオイル通路は入念な洗浄をしなければいけません!

異音1.jpg
こちらは、ガラガラと異音がしていたミッションですがデフのピニオンギヤが破損していました!?


異音2.jpg
なぜ?このような壊れ方をしたのか?異物が噛みこんだような?異物が入り込む様な原因はあまり考えられず・・・?オイル交換をした時の入ってしまったのか?デフ内部のどこかの部品が壊れたことで小さな破片でもギヤに噛みこんで破損してしまったものか?


ミッショントラブルはミッションオイルで防げるものか?プラスチックへの攻撃性の少ないミッションオイルが存在するのであればそのオイルを使用すればプラスチックの破損は防げるのか?
ギヤ等の虫食い!欠け!などもミッションオイルを選択することで防げるものなのか?

メンテナンスガレージ!ショップ!オイルメーカー!さんに納得がいくまで相談してミッションオイルを選択してみるのも面白いかも!!

報告011 セレスピード ポンプ

セレポンプ.jpg
セレスピードポンプはこんなところに付いています!


セレポンプ2.jpg
フロントバンパーを外します!


セレポンプ3.jpg
左側ヘッドライトも外します!

セレポンプ4.jpg


セレポンプ5.jpg


セレポンプ7.jpg
インナーフェンダー側から見た状態です!

セレポンプ8.jpg
中古車では5万キロから8万キロほど走行しているセレスピード搭載車はセレスピードに関係している部分にトラブルが発生しやすいように感じます!
同時にセレスピードはオートマチックではないのでクラッチディスクがあり当然クラッチディスクも摩耗し交換が必要になります!8万キロ走行している車両は使用状況にも違いはありますが交換時期が近いと思われます!

報告010 アルファロメオ156ドライブシャフト折れ!! ?

破損1.jpg
アルファ156ドライブシャフトが折れてしまっている!!

破損2.jpg
なぜ折れたのか?

破損3.jpg
大きなトルクが掛かったのか・・・?そんな訳ない!

下回り1.jpg
中古車で購入して3週間ほどで今回のようなトラブルに遭遇!

下回り2.jpg
下回りの汚れや錆の状態を見ると長期在庫の車両に見える・・・

したまわり4.jpg
下回り全体の状態を見ると長期間動いていなかった事がわかる!

下回り5.jpg
長期間動いていなかったことが原因の一つなのか・・・?


中古車を選ぶ時に、事故歴や修復歴を重点的に見ているのが一般的なのですが、中古車を査定に来る査定員のレベルはどうなのか?信用して良いのか?以前中古車雑誌に掲載するために評価を付ける事にしたのですが・・・

専門の査定する機関から査定員が中古車のアルファロメオを査定して行ったのだが・・・ちょっと違うぞ!国産車と同じ見方で良いのかぁ?アルファロメオのトラブルがでやすい個所の確認は一切せず、板金してあるだとか!へこみがあるだとか!キズがあるとか!
この様な査定員のレベルでは評価する意味がない!!

中古車は下回りを確認する事が出来ない状態が多いのですが、外観や内装はとても綺麗でも下回りやエンジン各機関は大丈夫なのかを良く確認する事が重要ではないか・・・

安かろう!ボロかろう!では無駄な買い物になりかねないのでは・・・

報告009 166タイミングベルト交換

166.jpg
166タイミングベルト交換!

166タイミングベルト1.jpg
80.000㌔程走行した状態です。ぱっと見は大きな問題はなさそうなのですが・・・?

ウォーターポンプ1.jpg
ウォーターポンプ部分を良く見ると冷却水が漏れた形跡が・・・

交換部品.jpg
交換済みのベルト、ウォーターポンプ、アイドラプーリー、テンショナー!

80.000㌔程走行した状態では、ベルトに関しては亀裂、摩耗などは無いのですが見た目の劣化は感じられます!テンショナー、アイドラプーリーはベアリングのガタや異音などは無くテンショナーのプラスッチック部分の破損なども見受けられません!
ウォーターポンプは回転部の軸部分のガタはありません!しかし!冷却水が漏れた痕跡があります!染み出てくる程度の漏れだったのでなないか?
すべての車両が同じ状態でなないのですが、タイミングベルトを交換する時に同時にウォーターポンプも交換する事が良くあるのですが、今回は冷却水が漏れた痕跡があるので交換しましたが漏れていなければ交換しなくても良いのではないか?ベアリングもテンショナーも特別今現在問題なければ交換の必要があるのか?
しかし、作業が終了し試運転が終わり問題なし!納車した翌日にベアリングから異音が出て
しまうケースもあり得る事で、今までとは違うベアリングの張りになるのでベルトに掛かる負担が大きくなり異音が出てします事も!ウォーターポンプにも言える事で軸受け部への負担増から水漏れが起きてしまう事も・・・それに、今だにパッキンの材質は紙であり紙のパッキンは劣化から浸透してきたり隙間が出来たりで漏れる可能性が高いはず・・・
タイミングベルト交換時は、ついでに交換できる部品を交換してしまう事がベストなのかも知れない・・・少し疑問もあるが・・・?

報告008 エンジンのバルブのすり合わせ(早坂編)

エンジンのバルブのすり合わせ

スタッフ早坂愛(facebook)より報告

エンジンのバルブのすり合わせをやってるとこ。たたきながらこすりつける動作が難しい・・・
でもこれをやること
で、気密性が高まるとのこと。 

車に乗ってるだけで内部
のことは知らないことだらけ・・・

報告007 エンジンオイルは何を選べば良いのか・・・?

アルファロメオに限らず、愛車のエンジンオイルはどこのメーカーが良いのか?粘度は何番を使えば良いのか?迷った事があるかと思いますが選ぶ基準は何を基準にしていますか?1.jpg
シリンダーにはクロスハッチと言って細かなキズと言うかオイルを溜める溝が故意的に施してあります。このクロスハッチは輸入車、国産車すべてのエンジンで同じではなく、各自動車メーカーによって違いがあります。違いがあり!オイルを溜める役目をする!のでしたらクロスハッチに溜まり易いオイルを選ぶべきなのか?エンジンオイルの選択はクロスハッチだけではなくメタルクリアランスや油圧で作動する部品や冷却、洗浄といろいろ考えなければいけないのですが今回はクロスハッチに絞ってみました!
修正後.jpg
この画像はクロスハッチをホーニングにより修正したものです。オイル消費を抑えたりフリクションを低減させるため細かな溝に修正しました。
使用後.jpg
こちらの画像は8万キロほど走行したシリンダーです。クロスハッチも摩耗していますし、傷もあります。
クロスハッチは走行距離が増していけば摩耗してキズが多少ついてきます。では、新車時と8万キロ走行したエンジンでは同じ粘度のオイルを使い続けて良いものか?オイルが溜まる溝の部分のクロスハッチが摩耗していると言うことは溝が変化していることになるので変化した溝に合わせてエンジンオイルも変えなくてはいけないのか?たぶん変化に応じてエンジンオイルも変えていくことが必要だと思います!
アルファロメオにはこのエンジンオイル!スカイラインGT-Rにはこのエンジンオイルではなく、あなたの愛車のエンジンにはこのエンジンオイル!と考えてみてはいかがでしょか!!

報告006 ドライブシャフトブーツが破けると・・・

P1020891.JPG
ドライブシャフトブーツが破けると遠心力で中のグリスが外へと飛び出してしまいます!
P1020892.JPG
そのまま放置しておくとグリスがなくなりベアリング部分が熱を持ち異音が出始め壊れていきます!早めのブーツ交換を!!

報告005 ブレラ ドアノブワイヤー切れ!!

P1030404.JPG

運転席側のドアノブ開閉ワイヤーが切れてドアが室内から開きません!


P1030401.JPGP1030403.JPG

報告004 アルファロメオのエンジンオイルが減るのはなぜ?

純正のクロスハッチ.jpg

シリンダーへ施されているクロスハッチか国産エンジンと比較すると、とても粗めのクロスハッチが施されています!
ここにエンジンオイル消費の原因の一つがあると思います!!


修正後のクロスハッチ1.jpg

こちらのシリンダーは細かなクロスハッチに修正したものです!!

報告003 油圧タペット オーバーホール

油圧タペット オーバーホール

エンジン始動時、異音が発生するため、タペットを分解し中のスプリングをオリジナルのスプリングに変更しました。

油圧タペット オーバーホール


報告002 ツインスパークオイルパンバッフル加工

ツインスパークオイルパンバッフル加工前



ツインスパークオイルパンバッフル加工パーツ

サーキット走行時エンジンオイルの偏りがおきるので、その対策としてバッフルに追加工してみました。

ツインスパークオイルパンバッフル加工パーツ



報告001 F1デモ走行予定?

F1デモ走行予定? Red Bull F1が、Dクルサードのドライブで富士市の公道で富士山!新幹線!とF1の走行計画がありましたが、実現されませんでした!


F1デモ走行予定?002 F1デモ走行予定?003

各地で地域活性化 や町おこしでいろいろな事にトライしていますが、なぜ?

今回のF1走行が実現されなかったのか?
上に立つ人間が勇気をもって初めてのことにチャレンジして ほしいものです!!何か問題が起きる事を理由に避けるのではなく解決策を考えて新しい事に取り組んでもらいたいものです!!

F1デモ走行予定?004

報告000 川口技研工業ウェブサイトオープン

川口技研工業ウェブサイトオープン

川口技研工業ウェブサイトがオープン致しました。
よろしくお願いいたします。